RECORDSの記憶

更新日:2021年2月10日

1986あるいは87だったかのNY。着いてすぐレコード屋に行った。マンハッタン42丁目近辺にあったMUSIC FACTORY。入ってすぐに壁一面に飾られたULTIMATE BREAKS&BEATSに圧倒された。ヒロシが言うにはそこの店主がULTIMATE BREAKS&BEATSを作っていたらしい。店にはULTIMATEと別にBREAKSのコーナーがちゃんとあって、タートルズのアルバム等が入っていた。必死になってDIGっていると、風呂屋の番台のような位置から店主(確かレニーと言っていた)が「そこにあるの、全部ブレイクだ。いいビーツがあるぞ」と、でっかい声でこっちに向かって言う。時代的にサンプリングしてビーツを組んで曲を作ることがそろそろ始まりだしていた頃で、ULTIMATEが定番だったのだろうが、人とは違うネタをDJ達(自分ら含む)がその店で探していたと言うわけだ。と、同時に僕はそれらブレイク以外のNYでしか手に入らないレコをたくさん買った。

「これは買わないとだよ」

ヒロシが僕にそう言った。

東京では買えなかった。いや、買えたとしてもすぐに売り切れてしまったやつだ。

今回販売しているSTRAFEもDJハリウッドもその時に買ったものだ。

どちらもメロウな響きを伴っていて、かたやガラージュ風味の初期エレクトロであり、かたやハリウッドはオールドスクール物だが、単なるパーティ気分だけではないメンタルにクる楽曲だ。

レコードからはデータにない時代が聴こえてくる、、、


閲覧数:437回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日はドミューンご視聴ありがとうございました。当日のチャットでここのサイト、高いんだよなーーという声があったと、坂本から聞いたので見直したところ、商品自体はそんなことないはずだし、配送も全国どこでも一律にしているので地域によってはお得な方もいるはずなんだけどな、、、、と、見ていましたが、、、確かにWATCHOUTの販売の際に複数買う人の抑制を考えて配送料を個別に付けたままにしておりました!これは確

子供の頃、007が大好きだった。リバイバルでハマってからショーンコネリー作品は名画座で一通り観たし、ロジャームーアになってからはロードショーで見ていた。原作もサントラも必須。パンクの頃も見に行ってた。しかし、だ。ヒップホップにハマってBURNハリウッドBURNの時代になって、積極的にみる姿勢が薄れていく。それはウルトラマンやセブンが倒していた敵に対して疑問を抱くことと同じであった。東西冷戦の産物で

WATCH OUTリプロ、セカンドエディション高円寺BASE分含め完売しました。 発送SOON! しばしお待ちください。 ありがとうございました! AND昨晩発表のこちらも是非! https://www.liquidroom.net/schedule/kantakagi_20220307